2016年03月01日

モーターベアリング

モーターのベアリングももちろんダメになります。

音が出始めたら交換の合図



  


Posted by megatki at 09:55Comments(0)

2016年02月04日

ドイツ製

これは変わった仕組みのポンプ

今まであまりなかった形ですね。

独創性のある感じです。

まさにドイツ


  


Posted by megatki at 10:24Comments(0)

2016年01月30日

これはブロア

私たち

真空ポンプ以外もできます。

真空ポンプの逆。ブロア。



真空ポンプに比べたら簡単

いろいろ経験すると真空ポンプの気を使うレベルが半端じゃないことがわかります。  


Posted by megatki at 10:26Comments(0)

2016年01月28日

端子台

真空ポンプのオーバーホールに行かせていただく場合大体はモーターの線をはずします。

今回は、、、端子台が割れていて固定ができない、、、

しょうがないのでボルトナットでつなげてビニルテープ。

劣化などもあると思いますが

こういうのは意外と厄介なトラブル。



  


Posted by megatki at 09:57Comments(0)

2016年01月23日

シャフトネジ

シャフトのネジ

シャフトネジあるある

山が傷んでナットが硬くて入らなくて手が痛い、、、




画像の物ではないですが

OHをさせていただいたポンプのネジ3分の1が手前の部分で削り取られていた。。。

ネジを痛めて硬いからって削る横着な方がいるんですね。

コツコツ直すことできるのに。。。

  


Posted by megatki at 10:18Comments(0)

2016年01月21日

ロータリーポンプでかプーリー

ロータリーポンプのOH完了です。

プーリー重い。


  


Posted by megatki at 09:29Comments(0)

2016年01月20日

小さい真空ポンプ

小さいベーン式真空ポンプのOH



蓋も何もかも小さい。

500キロ近い重さの物をOHしてから

このサイズだと軽い軽い。

  


Posted by megatki at 09:26Comments(0)

2016年01月19日

MBPオーバーホール完了

先週末は拡散ポンプのオーバーホール、オイル交換、エアシリンダーのオーバーホールなど

やらせていただきました。

本日はMBPのオーバーホールが完了しました。



そこで1点今回も勉強しました。

オイルシールって奥が深いのですが

オイルシールのリップって重要とは重要とわかっていたのですがさらに重要さを改めて実感

内容は私たちの技術力になっているので公開はできません。すみません。




  


Posted by megatki at 10:14Comments(0)

2016年01月16日

MBPオーバーホール

寒い時期のOHはなかなか部品が冷たくて大変

ストーブを横に置いて作業

今回の物は壁がかなり硬くて大変でした。

そのおかげで新たな裏技を1つ完成させることができました。

苦労を体験してスキルアップ


  


Posted by megatki at 09:49Comments(0)

2016年01月15日

シール??

最近のMBPはオイルシールやメカニカルシールの採用が多いです。

しかし古いMBPや海外の物に良く見られるのがこのタイプ



完全にシールできるものではないけど同圧ならオイルなどは通しないようにできる仕組みなのかな

なかなか好きなシステムです。
  


Posted by megatki at 10:31Comments(0)

2016年01月13日

エドワーズ冷却パイプ穴

エドワーズ製のMBP

不動のMBPをOHさせていただきました。

モーター新品

OH後テスト始動を行う

リークディテクターによりリーク調査、真空到達を確認。

問題無く稼働

。。。。。。。。

オイルが濁っている、、、

なんだか水が混じっているような濁り方、、、

えっ??

冷却パイプ内にヘリウムを入れると、、、大きく反応、、、

冷却パイプに穴にクラック1か所発見




冷却フィンを3枚ほど削りおとしロウ付け




まだ漏れる

こりゃ数か所あると判断し

部品発注  


Posted by megatki at 10:38Comments(0)

2016年01月12日

RPオーバーホール

ロータリーポンプのオーバーホールをさせていただきました。

排気弁の部分もしっかりと掃除して排気弁の裏表を確認し

数枚入る場合はイン側アウト側を確認し間違えないように組みつけます。

間違えると排気性能につながります。


  


Posted by megatki at 10:59Comments(0)

2016年01月08日

メカニカルブースターポンプリーク

メカニカルブースターポンプのOH

バイパス機構の部分を蓋を開けたら蓋のガイド部分が曲がっているのを確認。




前回やった業者さんが何か変な組み方をしたのかな?

組みつけにはそれほど問題なくいけましたが

OH後のリークテストでリークを確認。

一度開けてもOリングに異常はないが

交換し再度確認してもリークあり。

もう一度開け良く確認すると受けのほうにクラック発見。




おそらく蓋を変な組み方をした際にボルトが斜めになりクラックを引き起こしたのだろう。

ここのクラックはかなり厄介

リークを止めなければいけないのでいろいろやって

裏技でリークをとめました。

  


Posted by megatki at 09:16Comments(0)

2016年01月07日

メカニカルブースターポンプケーシング

メカニカルブースターポンプのOH

すべて分解してケーシングの内側を確認すると

汚れがびったり、、、



まわっているときにごろごろ音がしたのはこれも原因していたのかな?

すべてきれいにして組みあげ真空も問題なく上がり異音もなくなりました。  


Posted by megatki at 10:31Comments(0)

2015年11月23日

オイルシールの向き

真空ポンプでなくても様々なポンプにはオイルシールが入っています。

オイルシールって向きがあります。

挿入して文字が外とは限りません。

逆で付けることもあります。

先日OHしたRPですが

オイルシールの向きが逆に入っていました。

見た瞬間違和感有

大体は入っているように入れますが

このポンプは過去に経験のあるポンプ

以前手書きで向きを記載しておいた資料があり

確実に逆と判断しました。

しかもグリスがなければいけない個所に何も入っていない状態。

以前OHした人は何をやったのかな?

  


Posted by megatki at 09:59Comments(0)

2015年11月19日

メカニカルブースターポンプのオーバーホール

各真空ポンプメーカーでMBPは少しずつ違いがあります。

当然ではありますが、、、

なぜこのベアリング?と思うものも

今回OHしたMBPのベアリングはギヤ側がコロベアリング

モーター側が玉のベアリングなのですが、

玉のほうは抜くときにベアリングがばらばらになってしまうものです。




アンギュラーボールベアリング

2個で1セットのベアリング

OHするには1手間2手間増えるベアリング。

こんなベアリングでなくても良いはずなのに、、、

同じ機種で最近の物は通常の玉軸受けに変更されている。



  


Posted by megatki at 09:31Comments(0)

2015年11月11日

ロータリーポンプオーバーホール

ロータリーポンプをオーバーホールさせていただきました。



5000L以上の物はやはり部品が重い。。。

はずしてもつのがなかなか。

すべて組み上げて始動

マイナスPaまで到達し、

新品の性能に近いところまでいきました。  


Posted by megatki at 09:05Comments(0)

2015年11月05日

空圧シリンダーオーバーホール

真空蒸着機のバルブの開閉に使われる空圧シリンダー

軸のシール性が落ちるとリークの問題が出てきます。

軸のシールはオーリングなどで行っています。



使用するグリスは個所によって違います。

それぞれシールの向きもありますので間違えないように組みます。

ロッドも傷をつけないように注意が必要です。

やはりはずしたシール類は硬くなっています。

定期的にOHは必要ですね。
  


Posted by megatki at 09:51Comments(0)

2015年11月05日

拡散ポンプオーバーホール

芝浦製拡散ポンプのオーバーホールをさせていただきました。

まず2年使用していないということで

ヒーターの確認

漏電、導通あるかを確認

オーケーなので

ジェットの取り出し。

ケーシング内部清掃

ジェット清掃

完了です。

オイルはライオンAを入れます。
  


Posted by megatki at 09:44Comments(0)

2015年11月03日

リフト台車修理

ビシャモンのリフト台車

テーブルを上げてそのままにしておくと、スーッと落ちてくる

んー、っどこかでパッキンがダメになってると感じ

簡単な場所のオーリングを交換



はずしたら硬かったためそうかなと思いましたが、ダメ。

結局全ばらし。

ピストンのパッキンが硬化して亀裂が入っていました。

すべてゴム製品を交換して

油も入れて組み。

テーブルを上げて負荷をかけても下がらなくなりました。

部品代4000円ほど

修理完了です。
  


Posted by megatki at 09:38Comments(0)