2016年11月14日

軸シール交換

真空層に入るシャフト関係

シャフト類は回転機構だったり、前後する機構があります。

先日お客様の機械で軸のシール交換をさせていただきました。

すべての寸法を測り

機構を確認し分解

旧いシールを取り外し

ケーシングを清掃。

ケーシングをしっかり掃除しないと

ゴミが残ればそのゴミが原因でシールの痛みを早くもしてしまいます。

新しいシールを入れ、グリスを入れ組み込みです。

リーク検査も行い作業完了です。



常に動いている個所でグリスが入っている個所だとリーク調査も難しい個所

はっきりリークが出ている時に調査しないとわからな個所になります。

シャフト類のシール交換は定期的に交換を進めします。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。